神姫PROJECT R 戦乱プリンセスG

沼津のデリヘルにて

まずはあいさつ代わりに先日のデリヘルでの果し合い(プレイ)の話をしましょうぞ

先日は久々に車で東名高速に乗り、沼津まで遠征を致した。

東名沼津インター付近はよい逢引き宿(ラブホ)が多くお気に入りの場所ですわい。

良いホテルに娘を呼べば好印象ですからな。

お目当ては優良店のP店。

前回行ったときに「次は〇〇〇しよ!」と言ってくれた娘がおったのでまた指名しようと向かったわけである。

ここで誤算があった。

現地について予約をしようと思ったら・・・受付の従業員が「今日は予約で一杯です」とかぬかしおった。

「予約は前日から」が基本じゃな。

儂としたことがしくじったわい。

そこで儂は前々から目をつけておった人妻店に目をつけた。

ここはなかなかの評判で以前から利用しようとたくらんでおりましたわい。

スマホのサイトで待機の娘を確認すると、モデル体型のキレイ系の娘がおった。

そこで儂は娘の日記を確認した。

性格のいい娘はサイトのお礼日記もしっかり書き込んでいることが多い。

日記を見る限り、良いサービスが期待できそうなので、この娘を呼ぶことにした。



娘を待っている間、部屋の温度を温めて置き、シャワーをあびつつ湯船にお湯もためておく。

そして待つこと20分。

呼んだ娘が来たのじゃ。

どうやら写真と同じ人物のよう。スタイルはよく、ルックスもなかなかであった。

別人とか来なくてよかったわい。

ただ緊張しやすい娘のようで最初はぎこちなさが残ってござった。

少し話してからお互い服を脱いでシャワーを浴び、一緒に入浴しましたわい。

湯船で乳をもみ、いきなりクンニ!

感度はそこそこでござった。

その後、寝室に移動し、ここでも徹底的にクンニ!

拙者、かなりのクンニ好きでござる。

じっくり丁寧になめまわした結果見事逝かせてやりましたわい。

すると娘が電マの使用を求めてきよった。

あまりカラクリに頼りたくないのだが、娘の希望とあらば致し方ない。

デンマをあてると娘は逝きまくり、潮もたくさん吹いた。

これはこれで楽しかったが・・・電マに惨敗したようで悔しゅうござった。

しかし、ここで誤算が・・・。

攻めるのに夢中になりすぎて時間が・・・

さらに拙者、超のつく遅漏であるがゆえ・・・逝きませんでしたわい。

娘には本当に申し訳ない。

ただ、このために娘側からスパンを申し出てくるケースもあるのであながち悪いことでもない。

しかし、この日はスパンの提案もなく逝かずにおわってしもうた。

最後の方は話も盛り上がり楽しめたのだがやや消化不良に終わった。

やはり娘からスパンを誘われるには体もしっかり鍛えんとだめじゃのう。

←応援頼むでござる